LINK

車の損害保険には自賠責保険または任意保険の2つの分類が用いられています。

任意保険、自賠責保険ともに、万一の事故に遭遇したときの補償を想定したものですが、中身は少し違っているといえます。

自賠責保険と任意保険においては補償が約束される条件が違ってきます。

※相手については、「任意保険」「自賠責保険」の両方で補償します。

※自分に対しては、[任意保険]によって補償できます。

※自己の所有する財産に対しては、『任意保険』によってのみ補償されます。

自賠責保険それだけでは自分自身への傷またはクルマに向けた補償などは受ける権利がありません。

さらに相手方に向けての補償などのサポートですが自賠責保険であれば亡くなってしまったケースでは最高額三〇〇〇万円、障害を負わせてしまった場合最高四〇〇〇万円という風に定められています。

ただし賠償額が直前に述べた値を超えてしまうことは結構な頻度で起こり得ます。

かてて加えて相手のマイカーもしくは不動産を破損してしまったケースについては加害した人の全くの自己負担となってしまいます。

ですから任意保険が必須だという話になるのです。

被害を受けた人に対する救いを重視するのが任意保険というものですがそれ以外にも内容が用意されています。

※相手方に対しては死亡時もしくは傷害マイカーまたは家屋などの対象を賠償するのです。

※自分へは、一緒に乗っていた者も含め、死亡時や怪我を賠償してくれます。

※自分の所有する財産については、クルマを補償します。

このように多様な面での支援が行き届いているのが任意保険のストロングポイントです。

保険の料金の支出はどうしても必要となってしまいますが事故を起こした時の相手方のためにも自分自身のためにも、車両に乗るなら任意保険に加入しておくに越したことはありません。