LINK
「スプレッド」とはFX投資は通貨を買ったり、売ったりすることによって利益を得る投資です。売買の値段は二十四時間変動しています。それが為替市場です。ラジオのニュースを聞いているとドル円やユーロ円のマーケットの情報が流れるケースがあります。よく見かけるのが、「本のマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。これは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという意味ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを意味しています。取引には、買値と売値の値段が存在するのです。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表している取引業者もあったりします。普段は売値の方が買値よりも安価に定められています。私達が買うときには高く、売るときには安くなります。この差分をスプレッドといい、FX取引会社の稼ぎとなっています。スプレッドはFX取引会社によって変化します。スプレッドは経費になるので、狭い業者をセレクトするほうが儲けられます。ただ、同じFX取引会社でも局面によってはスプレッドの幅は変化します。もしも通常はドルと円のペアでわずか1銭のスプレッドの差であっても為替の上下動が激しいときには3銭、4銭になったりする場面があります。なので、スプレッドが小さいのと合わせて変化が小さいのが不可欠です。今では変わらないスプレッド幅を示すFX取引会社もあったりします。実際に取引業者の売買画面内でリアルな為替相場を調べなければ判別できないのでわずらわしいですが、大切な事です。大切な投資資金を賭けて売買をするのだから、リアルなトレードの前に、心惹かれたFX業者の取引口座開設をしてスプレッドの差を実感しましょう。同じ通貨のペアでも、そのときのボラティリティによって、通貨のスプレッドの広さは異なることがあります。おおむね、インターバンクマーケットで取引量の多い、流動性の高い通貨の組合せではスプレッドの幅が小さくこの他の通貨ではスプレッドの差が拡大する事がよくあります。