LINK
普通の初めての方向けの外為取引のテキストでは「差損が生じたケースではナンピンすることで、ポジションの平均を買い付け価格を下げることができる」などと記述されていると思いますが、現実にはそれはかなり大きなリスクがある。まずはじめに、ナンピンの仕組みについて簡単に説明しておきます。仮に1ドル100円でドルを買ったとします。ドル買いだから、ドル高になれば儲けが出ますが、思っていたのとは逆に1ドル95円まで円高・ドル安方向に向ったとします。このままの場合ポジションを持ち続けたら、利益がでるためには、円高になった分ドル高に進む必要があります。誰でも、マイナスはなるべく早くリカバリしたいと願うでしょう。そこではじめに取引したのと同じ額の$を1ドル95円で買います。それで、ポジション全体の平均の買い付け単価は1ドル=97.50銭まで低くする事が出来ます。つまり、2.50円の幅で円安に進めば、損失を失くせます。この流れがナンピン買いの原理です。このような、ナンピン買いの手法を耳にすると、「なるほど」と考えたりするが外国為替市場は容易には思うようにはいきません。初めから、1ドル=95円が底値だということなど、誰一人として分かりません。たとえば、マーケットが強い円高ドル安動向だとすると95円では下げ止まらずに、円高になるリスクはあります。たとえば、97円50銭でナンピンをするとしても95円まで円高ドル安が進んだら、ナンピン買いした分にも損失が生まれます。これでは、最初に買ったドルと合計で、倍の差損が生まれます。それゆえ、ナンピン買いは難解です。それでは、為替相場が自身の脚本とは逆に行ってしまった場合どのような術で危機をコントロールすればいいのでしょうか。この場合選択する選択肢は限られています。ひとつは観念して、ポジションを閉じる事です。ふたつめはその段階で、自分が所持しているポジションを少なくする事によって市場が回復するのをじっと待機する事です。相当控えめなやり方だと考える投資家もいるでしょう。だけど、自分が保持している買いポジションに差損が生まれた時最も適切な手段はこの2つ以外には考えられません。言うまでも無く、ロジックとしてはナンピンするという方法もあるように思えます。だがしかしナンピンは、あなたが損失を出しているのにポジションを減少させるどころか、それとは反対に買いポジションを増やしていく手段です。この手段では、危機を削減することなどどう考えても可能ではないと思ったほうがいいです。ナンピンをしていけばいずれはマイナスがプラスになるかもしれません。だがしかし、それ以前に資金はショートしてしまいます。